関テレ「よーいドン!」放映!月亭八光さんが泉佐野商店街にやってきた!
JUGEMテーマ:地域/ローカル


関テレ「よーいドン!」
おなじみの円広志、月亭八光が毎回とある駅から出発して、その駅の周辺をブラブラしながらのんびり散策。 たくさんの人々との出会いのなかで、特に印象に残った方を「となりの人間国宝さん」に認定します。
そこで暮らす人々、お店など関西の街の魅力を再発見!!
もしかするとあなたの街に円広志、月亭八光がやって来るかも!?

で、月亭八光さんが、
泉佐野商店街つばさ通り、春日通り、にやってきたんです!



リポーター:月亭八光
出発地点:泉佐野駅

お店情報お店情報

●出吾青果店<賞状を自慢するおじいちゃんの青果店>
大阪府泉佐野市西本町14-1
TEL:072-462-1257

●石原かまぼこ店<かまぼこ店>
大阪府泉佐野市大宮町15-7
TEL:072-462-1174

●泉佐野青空市場
大阪府泉佐野市新町2-5187-101
TEL:072-469-2340

●海鮮バーベキュー イルカ<バーべキューをしたお店>
大阪府泉佐野市新町2-5187-101 青空市場2F
TEL:072-463-1818

おおーっ
やはり、石原かまぼこ店に来ましたね!
おいしいもんん。

佐野駅から駅前通り商店街を浜側に行って突き当たり
左に曲がると孝子越街道(きょうしごえかいどう)。
ずっといくと出吾青果店があって、
粉やさんがあって、
つばさ通り・春日通りのアーケードを通って、
アーケードが途切れるあたりに、石原かまぼこ店があります。
そこから漁港までは、迷路っぽい佐野町場を通って歩いていけるんです。

関テレには、実はボルボックスアート団長、
映像ワークショップのプロデュースをした関係で
かなり、そうとう情報を提供していました。

取材陣いわく、青空市場に行ったころには午後6時になっていて、
遅い!と怒られたと言っていたそうです。
でも、もしかしたら、ふつーに「おそいやんか」と言ってただけかも(苦笑)

http://www.ktv.co.jp/b/yo-idon/backnumber.html#a2008814
| 食べ歩き情報 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
アーチストによる泉州佐野ミニツアー 第一弾
JUGEMテーマ:地域/ローカル


泉州佐野の商店街や町はおもしろい
おいしい食べもんがあるらしい
アートがいっぱいあるらしい
という情報を聞きつけて
アーチストたちが泉佐野にやってきた!

おお、おもしろい、古い風情もあるけど、建物がピンク色に塗り替えられたってのも
なかなかアートだ!とうれしそうにシャッターを切るアーチストたち
アーチストミニツアー 1

粉やさんとおしゃべりするアーチストたち
「へええ、そんなに昔から営業されてたんですか?!」
アーチストミニツアー  5


ここがつばさ通り商店街でっせと案内する、泉州佐野にぎわい本舗のボス(?)
あ、あれ??ヨーロッパ企画がつっこんでた「よその町の商品券使えます」横断幕がない〜!!

アーチストミニツアー  2


やっぱ、揚げたて天ぷら、食べ歩きしますよねー!
本当に揚げたてだから、あつあつ
揚げたての天ぷらって、ふわーっとふくれてて、やわらかい。
こんな味は、家に持って帰ってからでは、味わえないよねー!
あふあふ

アーチストミニツアー  4

アーチストたちは、このあと
食べ歩きの友「昆布あめ」(浜本商店さん)
をつまみ
さらに
まつみさんの「ケーキ大福」を食べたんです。
そのおいしさにみな
狂喜乱舞
そのもようはまたのちほどー
(あ、全員食べてなかった。食べれなかった人、ごめんなさいー)
続きを読む >>
| 食べ歩き情報 | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -
がんばる商店街の見学にこられました!
JUGEMテーマ:地域/ローカル


がんばる商店街&NPOということで、
中心市街地活性化カンファレンス(PEP!KINKI!まちづくり!)
から、見学に来られました!
『PEP!KINKI !まちづくり!』をキャッチフレーズにがんばる地域を応援するために立ち上がった協議会なのだそうです。

くわしくはこちら↓
http://www.kansai.meti.go.jp/5ryusa/kyogikai_webpage/kyougikai/index.htm

まずは、ボルボックスアート団のイベントが数々行われた旧新川家住宅を見学。
旧新川家の見学
NPO法人泉州佐野にぎわい本舗が指定管理者となっていて、地域活動の拠点となっています。
今回、理事長寺崎さんがアート発見フォトラリーの景品やパーティーの食材を買いに走り回って下さって、商店街とますます良い関係になったんです。

そこから、大阪一古いといわれる大将軍湯を見て、
つばさ通り商店街に向かいました。
商店街に隣接する上善寺の観音様を見学し、
観音様の縁日なんかが、これからできたらいいなあ〜などと話つつ、商店街をめぐります。
上善寺観音様は地域のアイドル!

観音様は商店街、地域の人たちが本当に大事にしていて
いわば地域のアイドルなんです。

浜本商店のおかみさんと談笑。
ここは塩干ものが自慢なんです!
浜本商店さん

熊文さんとか、まつみさんとか、
歴史を感じさせる店先を見ながらいくと
つばさ通り商店街 春日通り

石原かまぼこ店さんの前には、揚げたててんぷらを買い求める人がいっぱい。

あつあつ揚げたて!

揚げたてアツアツのてんぷらをほおばりつつ
(ごちそうさまですー)
ううっうまい!
なんでこんなにアツアツってやわらかくて美味しいんでしょ!

食べ歩きチケットの状況もついでに聞きました。
「けっこうひきかえに来てもらったけど
あと少しかな?」
とのことでした。

食べ歩き引き換えもなかなか順調な様子。
新興住宅地の人たちで、今まで商店街に来たことがなかった人も
つばさ通り商店街に引き換えに来られるようになっているんです。
イベントが終わってからもずっとずっと効果が続いているんですね。

商店街を抜けるとすぐ春日神社があります。
夏には太鼓台が宮入して、大変なひとだかりになるんです。

そこから町場を抜けると
ほどなく佐野漁港に到着します。

泉佐野の駅を降りたらすぐにこんな旧街道に面した商店街があり、
活動の拠点となる古民家があって、
せりが終わった魚の夕市とか、おいしいもんがいっぱいの商店街、
お寺、観音様、神社もあって、
漁港、そして、駅の向こうにはすぐ畑もあって、造り酒屋がある、、
民家の合間からゲートタワービルが見える
やっぱり何べん来ても
ほんまに、おもしろい町です。

ここを舞台に
5月には
植物をテーマにしたアート展・アートエンタメショウをします。
またたくさんの人に来てもらえますように!

PEP KINKI メールマガジンより 旅の感想が届きました!

==============================
 
 PEPライダー(▼o▼)のペップンウォ〜ク(39)

  このコーナーは、事務局が出張等で集めた「元気・時宜を得た情報」
 を会員の皆様へお知らせするものです。皆様も一度訪れてみませんか?

  クシュクシュクシュクシュ・・・ プッスン
 ああ〜ァ 寒さでほったらかしのPEPライダーの哀車、バッテリ
ーの調子が悪いので、今回は、元気を出して(渋々?)電車で大阪府
泉佐野市の佐野町場(さのまちば)を訪れました。
 もともと農業中心の集落でしたが15世紀から漁業と海運が発展し、
商人や船乗りも集まってきて集落を形成したのが佐野町場です。自然
発生的に発展したこの地域は城下町や寺内町のような都市計画がなさ
れておらず、今も曲がりくねった狭い道に沿って敷地いっぱいに建て
られた民家が残っているのが特徴であり、それが迷路のようでまち歩
きの魅力にもなっています。佐野町場の中心に位置する旧新川家は
200年前の町家を市が買取り、当時の特徴的な建築様式を今に伝え
る貴重な文化財として維持されています。現在はNPO法人泉州佐野
にぎわい本舗が歴史・文化啓発や市民活動の拠点として管理運営を行
っています。3月2日(日)のひな祭りイベントの前後には屋敷中い
っぱいにひな人形が飾られ大勢の心を楽しませてくれることでしょう。
 さて、町場から南海電鉄泉佐野駅へ向かうつばさ通り商店街は関空
の開港に併せて改名したそうです。また春日通り商店街にあるかまぼ
この「石原商店」は平成20年9月で創業50年を迎える老舗です。
店先で揚げている天ぷらは大きな籠に種類毎に入れられ、目を楽しま
せてくれます。口に入れたときのとろけるようなやわらかさはすり身
をふんだんに用いたからだそうで、特に揚げたては絶品です。(猫舌
の人はご注意!熱いです。)だんごの天ぷらは5つ130円とお安い
のも嬉しいですね。
 海側には泉佐野漁港と併設された青空市場があり、毎日午後水揚げ
された魚を競りにかけ、そのまま青空市場で販売するため、毎日夕方
は大勢の客で賑わいます。しゃこエビがザル一杯500円、丸はげ一
箱800円など、まだぴちぴち跳ねているのを豪快に売りさばきます。
昨日の売れ残りだからとスズキ一匹100円なんて、それって古くな
いでしょう。新鮮で安いものだから大阪市内や神戸からもリピーター
が絶えません。
市場周辺にはグルメなノラネコも出没しているそうです。
 商店街と町家散策と漁市場が1匯擁にすっぽりと収まっている佐
野町場に次回はエンジンをかけて行ってみたいものです。
ブルルン♪デュビデュビディビ・・・

==============================



| 食べ歩き情報 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/1PAGES |